なぜ恐怖症になるのか?

恐怖症の原因は何なのか?

精神医学の大家であるジークムント・フロイトによると、5歳の男児が父親の罰を火症に恐怖していましたが、父親を恐れる事が出来ないので、馬を選んだという話もありました。また、体質的な要因考えられています。

 

注射が恐怖な人は、血管迷走神経反射が関係しているので、痛みがあるという恐怖自体よりも注射される事によって、迷走神経が関係する事で、頭から血の気が引いてしまうような印象を得ることです。これによって痛みの原因によって恐怖するのではなく、血の気の引く事を恐怖する現象となっていきます。

 

神経系の部分は、遺伝子的な部分もありますから、そのご自身が拒否していなくてもなる事も考えられるでしょう。幼少期の記憶が乏しい場合も考えられますので、その恐怖症になった特定の要因を覚えてない可能性も否定出来ません。また、幼少期だけではなく、何かしらの要因によって恐怖を覚えてしまうと、そのまま恐怖症になってしまう事もありますので、音の何なってから全くならない症状でもないようです。

 

不眠と恐怖症も無関係ではないため、症状をわかりづらくする一因となっています。恐怖症になれば、眠れなくなることもあります。恐怖症の原因を解明し、ひとつづつ丁寧に解決していくしか、治療法はなさそうです。恐怖症改善マニュアルというものがインターネットで販売されていますので、そういった改善法を利用してみるのも恐怖症を克服する手段の一つですね。

 

こちらは、恐怖症改善マニュアルの参考になるサイトです。
新田義治 恐怖症改善マニュアル

 

恐怖症改善マニュアルのご利用は自己責任でお願いします。


鬱病と不眠症の克服法